妊娠期

妊娠中の生活

みい助産師です。

妊娠中の生活について、ポイントをお伝えします。

 

妊娠中の体の変化

妊娠により女性に起こる体の変化と、お腹の中の赤ちゃんの成長についてご説明します。

 

お母さんの体の変化

妊娠をすると、女性には以下のような様々な体の変化が起こります。

体重

妊娠をすると、つわりによって体重に変化のある方がいます。

といっても、つわりの有無は、かなり個人差があります。

つわりの種類によっても、体重の増減がかわるので、それぞれの対処方法でうまくつわりの時期を乗り切りましょう。

妊娠経過に伴い、赤ちゃんの重さ・胎盤・羊水などの重さ分、体重は増えていきます。

また出産に向けて、子宮の増大、血液・組織液の増量、脂肪も増えていきます。

妊娠前の体重(BMIも考慮)により、体重の増加目安は変わります。

体重増加は、健康的な妊婦生活、出産に関わることなので、無理なく、工夫しながらコントロールしていきたいですね。

 

お腹のふくらみ

「妊婦さん=お腹のふくらみ」という印象を持っている方も多いかなと思います。

ある程度の妊娠週数になると、妊婦さんだとわかりやすい、お腹のふくらみのある体系に変化していきます。

ただ、元々の体系や、選ぶ服によっては、あまりお腹のふくらみが目立ちにくい場合もあります。

周囲が妊娠に気づかないと、サポートを受けることが難しいですよね。

妊娠経過を見ながら、周囲への報告や、マタニティマークの活用を検討していきましょう。

また、お腹のふくらみによって、妊娠線の予防ケアが気になる方もいらっしゃると思います。

別の記事にて、改めてご説明しますね。

※妊娠線予防のページへリンク。

 

肌の変化

妊娠中、敏感な肌質になったり、かゆみが出てくる方もいます。

薬の必要がある時は、妊婦健診で医師に伝え、妊娠中に使える薬を処方してもらいましょう。

また「色素沈着」と言って、お腹に縦線が出現したり、胸の色に変化がある方もいます。

顔のそばかすが増えることも。

肌質の変化は、妊娠中のホルモン増加が原因で、約9割の妊婦さんが実感すると言われています。

出産後には、徐々に戻っていく傾向がありますが、妊娠中は紫外線ケアを意識的に行いましょう。

 

お腹の中の赤ちゃんの成長

お腹の中の様子は、エコーでなければ、直接目で確認することはできません。

特に、体動やお腹のふくらみを感じるまでは、なかなか赤ちゃんの成長を実感しにくいかもしれません。

ですが、お腹の中の赤ちゃんは日々、目まぐるしいスピードで成長しています。

妊娠初期の赤ちゃんは、身体が約2cmで4gほどしかありませんが、数週間で数倍、数十倍に成長していきます。

妊娠12~15週には、耳の機能がほぼ完成するので、沢山お腹へ話しかけたくなりますね☆

妊娠月数による赤ちゃんの成長過程を知ると、より妊娠期を楽しめるかなと思います。

別ページで、お腹の赤ちゃんの成長過程を、ご説明していきますね。

※妊娠月齢のページへリンク。

 

妊娠中の食事

妊娠中は、食生活を見直すチャンスです。

健康的な妊婦生活や出産を迎えるため、食事のバランスを意識してみましょう

 

つわり中の食事

妊娠初期は、つわりでなかなか食事がとれず、体重が減ってしまう方もいらっしゃると思います。

つわりで体重が減ってしまっても、赤ちゃんの成長へ影響することはないので、安心して下さい。

食べられる時に、食べられるものを少しずつ、無理なく摂りましょう。

ですが、飲み物も全く取れない状況にまでなると、お母さん自身の体が心配です。

その際は、産科医師へ相談しましょう。

 

鉄分

妊娠中は貧血になりやすいので、鉄分を積極的に摂りましょう。

鉄分の吸収を高める、良質なたんぱく質・ビタミンCを一緒に摂ることも大事です。

おすすめ食材は、以下の通りです。

  • 肉類
  • レバー
  • 魚介類
  • 大豆・大豆製品(豆腐、納豆など)
  • 緑黄色野菜
  • 果物
  • 海藻

『鉄分にはレバー』という印象強いかもしれませんが、鉄分が含まれる食材は、他にもたくさんあります。

食べやすいものを、上手く組み合わせて摂取していきましょう。

 

葉酸

葉酸は、妊娠前から妊娠初期にかけて摂取を心掛けたい栄養素です。

赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」という疾患を発生するのを防ぐため、上記期間は特に葉酸の摂取が推奨されています。

葉酸が多く含まれるものは、以下の通りです。

  • ほうれん草
  • ブロッコリ―
  • チンゲン菜
  • マンゴー
  • 納豆

葉酸が添加された食品やサプリメントもありますが、とりすぎには注意しましょう。

 

食中毒に注意

妊娠中は、免疫機能が低下しています。

そのため、食中毒が原因の病気にも、かかりやすい状況と言えます。

特に、以下の食品は、厚生労働省HPで「妊娠中に避けた方がよい食べ物」として掲載されています。

  • 加熱殺菌をしていないナチュラルチーズ
  • 肉や魚のパテ
  • 生ハム
  • スモークサーモン

状況によっては、お腹の中の赤ちゃんへ影響することもあります。

日頃から、食品をよく洗う事や、加熱処理するなど、心がけましょう。

 

 

他には、塩分の摂り過ぎに注意したり、便秘予防に食物繊維を多めにとると良いでしょう。

妊娠・出産には健康と体力が大切になってきます。

妊娠中の体調や、お仕事・上の子の育児など、忙しい状況もあるかと思いますので、無理のない範囲内で少しずつ意識していきましょう。

 

妊娠中の運動

妊娠・出産には、体力も大事です。

ですが、気合を入れて新たにスポーツを始める必要はありません。

お天気の良い日に、お腹に話しかけながらゆっくりとお散歩したり、ウォーキングする感じで大丈夫です。

肩や足首をゆっくり回したり、ストレッチをするのもおすすめです。

身体を動かすことで、気持ちもリフレッシュできますよ。

※流産・早産傾向にある方は、安静が大事になりますので、医師に相談しましょう。

 

妊娠中の生活のポイント

妊娠中は、身体が大きく変化する時期で、体調も変動しやすいです。

また、出産を心待ちにする楽しみな気持ちと同時に、不安や心配な気持ちも併せ持ち、情緒も不安定になりやすい時期です。

今まで以上に、自分自身をいたわってあげて下さいね。

そして、旦那さんと色々な事をゆっくりと話し、気持ちや現状を共有しましょう。

40週という、お腹の中で赤ちゃんを育てる、かけがえのない時間です。

旦那さんと一緒に、ゆっくりとママ・パパになる準備をして行ってくださいね。

私も、こちらのサイトを通して、より穏やかな気持ちで皆さんがマタニティライフを過ごせるよう、お手伝いできたらと思っています。

-妊娠期

Copyright© 助産師が教える子育て , 2020 All Rights Reserved.